パワークラフト Power Craft






SUS442という選択

一般常識としてステンレス素材の中で、SUS304ステンレスが一番良い素材だといわれてきました。
確かにそれは一般的な工業製品用としてクオリティーの高いステンレスであることは間違いありません。
主な使用例として「流し台」「手すりパイプ」「ディスプレイ用品」などの製品です。それはあくまでも高熱に
さらされない環境で使用することを前提としています。また近年、モータースポーツの世界では車両重量
を軽くする目的でチタンやインコネルを使用しています。それらはステンレスよりも膨張係数が少ないもの
の軽量化目的であるため1.0mm厚の素材を使用しており、特に溶接部分の破損リスクが高くレーシング
カーに比べメンテナンス頻度が低いロードカーを前提とした場合、耐久性の面で問題があると考えます。

ではエキゾースト部品に適した素材とはどのようなものでしょうか?

自動車メーカーも純正部品として先に挙げた素材を採用していません。その理由はコストの問題よりも、
ロードカーのエキゾースト部品には不向きな材料だということだけです。自動車メーカーは当初スチール
(鉄)を採用していましたが、1970年頃から1975年頃までは錆対策が始まり、亜鉛系の表面コーティング
(メッキ)の材料に変更しています。 その後1985年頃までアルスター表面コーティング(アルミ系メッキ)
などさまざまな素材を使用していましたが、現在ほぼすべての自動車メーカーは、鋼材メーカーと共同で
SUS410ステンレスというエキゾースト専用素材を開発し使用しています。

パワークラフトでは、自動車メーカーが採用しているSUS410ステンレスより、さらにエキゾーストに適した
専用素材SUS442ステンレスを開発しました。それは「熱膨張と収縮係数が小さく」「高温強度に優れ」
「強固な溶接が可能で」「さびにくい」ロードカーに最適化された新素材です。

パワークラフトが長年蓄積した知識を基に、これまで盲目的に最良と信じられていたさまざまな素材の
弱点を克服しました。 パワークラフトの製品は部品すべてが「MADE IN JAPAN」すべてがハンドメイド
で1本1本丁寧に製造されています。




 Sound Movie
Lamborghini
Sound Movie

Sound Movie
BMW
Sound Movie

Nissan
Sound Movie








商品に関するお問い合わせは キャッツスピードインターナショナル
     03-5499-2750 日曜・祝日定休

Fax:03-5499-2760


または キャッツスピードフリーダイヤル
0120-78-5590 まで



メールでのお問い合わせはこちら cats-spd@kt.rim.or.jp


CONTENTS